Society Menu

評価しあう仕組みを越える次の社会へ

ギャップやアンマッチを越えるやり方の着手

新しい理念にたった新しい仕組みづくりへ
今まで自分の為に勉強してきた私たちは、社会を知り世界を知るごとに、自らの能力を活かしきりたいと熱望し、自分が何が出来るか探求します。

しかし、周りを変えることは容易くなく、周囲や環境とのギャップやアンマッチに常に直面します。

「あなたが変われば、周りも変わる」

こう無責任に言うのは簡単ですが、適応することに甘んじる態度を続け、我慢することがあなたの生き方ではないと考えます。

私たちを取り巻く変わらない仕組み、生き方が揺らぐほどの見えない将来、マーケットを取り巻くVUCA World、ニッポンが抱えるジレンマといった個人ではどうにもならない領域について社会を変えることに挑みます。

自らの使いみちを解き明かしたい方と、新しい挑戦と成長を共に考えます。

あなたが社会に届く、その辿り着く先をつくる

業界をまたぎ社会に横たわる数々の変革すべきテーマを対象に、一人ひとりの挑戦と成長が届くようにする働きかけです。

私たちが社会の一員として直面する危機感は2つあります。
関係性
停滞と衰退

そして、その社会を取り巻く構造的暴力の打開を狙う、ひとり一人が抱く自己実現を社会に届けることに挑むコーディネートがSociety Menuです。

おことわり/主宰よりご覧のみなさまへ

  • 2024年HPリニューアル時点では、それ以前に温めていた企画については着手はしていながらも、カタチになってはおりません
  • 個人と事業と社会に並行的にMenuを開発・展開するにあたって、自己実現の射程距離を延ばす、それも大幅に延ばすことをカタチにするためには、私がそれまで手の届く範囲に届け確かめていた場づくりを、より外側・社会側に居る層に働きかける必要があります。まさにプロモーション、推進を要するMenuであることを補足します。
  • このおことわりは、HPリニューアル現時点での力不足を吐露しているものですが、今の私が出来る単騎の準備は整えたからこそ書けるものです。
  • この準備からプロモーションが大きくなり、自己実現の射程距離を延ばしたという実感を掴むことが出来た時点で、このおことわりは外します。
  • 2024年3月 about You主宰 與儀陽介
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
余白(20px)

Society Menuリスト 

社会課題解決事務局群の設立企画

ひとり一人が取り囲む課題に抱く歯がゆさと、各事業のマネジメントとマーケティングを囲む課題と、社会で克服が望まれるジレンマには距離があります。

about Youでは、委員会または事務局を設置することで、業界と領域に横たわるカベの解消に挑む仕組み・やり方を創出することを試みます。呼び名はどちらでも構わないと考えますが、事務局の方がより動きを要することから、設置については事務局を持ち掛けることにします。

about Youは、このやり方の言い出しっぺであることからコーディネーターまたは本部としての役割を担います。about Youが、事務局機能を担うテーマもありますが、あなたの課題意識から設置を行う事務局も歓迎します。事務局数が少数のときは、下支えとしての配置図が分かりやすいと考えます。

その設立数は、設立開始時点では主宰が展開する場づくり・働きかけの届く範囲内に留まります。しかし、メニューの充足を推し進める中で、設立数200~300を目指すことから「群」としています。

あなたの課題意識から挑むテーマに関する事務局も同列です。

about Youは、コーディネーター・主宰として役割を主導することから中心に配置しました。

この規模まで、事務局のカタマリをまとめるすることができれば、自己実現の解放先である社会の扉が開き、一人ひとりの挑戦の矛先が増え、ビジネスを成り立たせているマネジメントやマーケティングにも多様な提案・起案ができるはずです。

Society Menuとしての社会課題解決事務局が行うことは、それまでの活動をさらに推し進めることを念頭しています。

about Youの全Menuは、ひとり一人の自己実現が出発点です。各人の趣味趣向・主張は違いながらも、人が関わる各活動主体や活動そのものにも自己実現(挑戦と成長)があることを編み込んだやり方に育つよう運用したいと考えます。

1.機会と提案
現時点の参加・不参加を問わない、 各方面に向けた機会・提案の提供・展開

2.リソースの編集
各活動主体・活動が抱える課題へのリソースの提供機会の創出

3.業界を横断する企み
領域や業界を横断する課題への情報発信や新たな企画の創出

下に事務局長の主な役割を記しましたが、今の活動の射程距離を延ばすことを可能にしてほしいと考えたリストです。

事務局長の主な役割

  • ①事務局同士の連携
    密接に関連する領域以外にも、今後必要な領域に向かって連携の持ち掛けをする。
  • ②議題の設定
    現在視線の議題設計もあれば、未来志向の議題設定も試みる。
  • ③計画やアイデアの立案
    当面のタスクだけではなく、課題を産みだしている構造に斬り込む計画とアイデアまで辿り着く。
  • ④イベント主催
    単独開催以外にも、領域を超えた他事務局との共同開催も検討し、シナジーを創出する。
  • ⑤各種調達活動
    各課題にかかる解決案・代替案・救済案を積極的に検討し、着手まで結びつける。
  • ⑥メンバー
    無関係・無関心者に支援を熱心に声掛けるだけではなく、計画やアイデアに関する味方・理解者に出会うための啓蒙を行い、時には他領域へ紹介を行う。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

なお、事務局の設置にあたり、要綱が要ると見当することから、about You内「プロジェクト」事務局設置要綱の原案を掲載します。ダウンロードされてご参考ください。

「プロジェクト」は、事務局一つ単位のことを指します。 

要綱案中項目は下記です。

1. 定義     6. 権利・義務
2. 目的     7. 会費・収入・費用
3. 活動     8. 情報
4. 運営     9. 交流
5. 参加・参画  10. 運用

SARのコーディネート活動

Society Menuとして設立・展開する社会課題解決事務局、または事務局群が行うことは大きく2つです。

■業界をまたぎ社会に横たわる数々の変革すべきテーマを対象に、一人ひとりの挑戦と成長が届くようにする働きかけをする。

■発見・指摘される各種課題に、事業者から届けることが可能な解決案・代替案・救済案をコーディネートする。

SAR
解決案・代替案・救済案の頭文字を合わせたアクロニム
Solution
解決案・解決策
既に、個人・事業がまとめている問題・課題への回答としての実行可能なノウハウ・メソッド・アクション
表示したいテキスト
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
1,000円
Alternative Proposition
代替案
効果がない・有効ではない以上に問題を産みだしていると思われる現在のやり方に替わるあなたが示すオリジナルのやり方
表示したいテキスト
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
1,000円
Relief Plan
救済案
直接・間接問わずダメージを受けているヒト・モノゴトについて、事情・手順やルールを越えて優先して行うべき初動にもなるアクション
表示したいテキスト
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
1,000円

解決案・代替案・救済案をセットにしているのは、私たちが課題を発見し、その存在を指摘し、告発・糾弾するだけではなく、その原因や背景を把握して、代替案・救済案を提示し、試行・実施を通して、社会の中のしくみとして確立するという社会運営において、課題からしくみを創るに欠かせない働きかけとしてコーディネートを企画するからです。

既に、個々の解決案・代替案・救済案は広い分野に渡って働きかけが行われていますが、自己実現コミュニティ発展事業から抑制・抑圧に置かれているPersonにあるアイデアがBusinessとSocietyと結びつくようコーディネートを施す必要があると考えます。

今後は社会課題に直面し、その解決を担っている方等に、数千万人のカバーを狙う自己実現コミュニティへの積極的参加をプロモーションすることを通して、Society Menuの設計・充実を企画します。

Cafe about Business/Society 勉強会

about Youが開くCafeは勉強会を指しますが、Cafe about BusinessとCafe about Societyと、切り出すテーマによって使い分けます。

一人ひとりが社会に抱く歯がゆさと、領域や業界に横たわる変革すべきテーマは結びつくと見立てることから、個人向けの場づくりであるPersonal MenuとしてもCafeを開きます。

ただ、Personal Menuでは一人ひとりに備わる価値を解き明かそうとしますが、Society Menuでは業界や領域にある垣根やカベを越えることを切り出します。

Menu運営について

Society Menuは、今後のプロモーションを通して設立・企画・スタート・運営が異なります。当面はFacebookを活用したグループ登録から、プロモーションをスタートすることになると考えていることから、本HPでの個別紹介は別途行うものと考えています。

主宰が企画・設立するモデル無き社会打破事務局は、Facebookのグループページ登録から始めます。ボタンよりご覧ください。

事務局数が複数以上立ち上がった後は、コーディネートページを設計し開設する運営を考えておりますが、事務局体制の整備により検討する運営方針であり、着手段階であることをお伝えすること、何卒ご容赦ください。

Society Menu お問合せ

本Menuは、今後のプロモーションを通して設立・企画・スタート・運営が異なり、問合せ即サービス提供ではありません。2024年3月HPリニューアル後当面は、主宰が設立するモデル無き社会打破事務局を通したMenu展開となります。他Menuと並行した展開ですが、他Menuと比較して、より関与と参加を要するMenuであることを予めおことわりいたします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
実際のスクロールの挙動は、プレビュー/公開ページでご確認ください
株式会社グローバルネットワークホールディングス(以下,「当社」といいます。)は,本ウェブサイト上で提供するサービス(以下,「本サービス」といいます。)における,ユーザーの個人情報の取扱いについて,以下のとおりプライバシーポリシー(以下,「本ポリシー」といいます。)を定めます。
第1条(個人情報)
「個人情報」とは,個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし,生存する個人に関する情報であって,当該情報に含まれる氏名,生年月日,住所,電話番号,連絡先その他の記述等により特定の個人を識別できる情報及び容貌,指紋,声紋にかかるデータ,及び健康保険証の保険者番号などの当該情報単体から特定の個人を識別できる情報(個人識別情報)を指します。
第2条(個人情報の収集方法) 当社は,ユーザーが利用登録をする際に氏名,生年月日,住所,電話番号,メールアドレス,銀行口座番号,クレジットカード番号,運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。また,ユーザーと提携先などとの間でなされたユーザーの個人情報を含む取引記録や決済に関する情報を,当社の提携先(情報提供元,広告主,広告配信先などを含みます。以下,「提携先」といいます。)などから収集することがあります。
第3条(個人情報を収集・利用する目的) 当社が個人情報を収集・利用する目的は,以下のとおりです。
当社サービスの提供・運営のため
ユーザーからのお問い合わせに回答するため(本人確認を行うことを含む)
ユーザーが利用中のサービスの新機能,更新情報,キャンペーン等及び当社が提供する他のサービスの案内のメールを送付するため
メンテナンス,重要なお知らせなど必要に応じたご連絡のため
利用規約に違反したユーザーや,不正・不当な目的でサービスを利用しようとするユーザーの特定をし,ご利用をお断りするため
ユーザーにご自身の登録情報の閲覧や変更,削除,ご利用状況の閲覧を行っていただくため
有料サービスにおいて,ユーザーに利用料金を請求するため
上記の利用目的に付随する目的
第4条(利用目的の変更)
当社は,利用目的が変更前と関連性を有すると合理的に認められる場合に限り,個人情報の利用目的を変更するものとします。
利用目的の変更を行った場合には,変更後の目的について,当社所定の方法により,ユーザーに通知し,または本ウェブサイト上に公表するものとします。
第5条(個人情報の第三者提供)
当社は,次に掲げる場合を除いて,あらかじめユーザーの同意を得ることなく,第三者に個人情報を提供することはありません。ただし,個人情報保護法その他の法令で認められる場合を除きます。
人の生命,身体または財産の保護のために必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
公衆衛生の向上または児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって,本人の同意を得ることが困難であるとき
国の機関もしくは地方公共団体またはその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって,本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
予め次の事項を告知あるいは公表し,かつ当社が個人情報保護委員会に届出をしたとき
利用目的に第三者への提供を含むこと
第三者に提供されるデータの項目
第三者への提供の手段または方法
本人の求めに応じて個人情報の第三者への提供を停止すること
本人の求めを受け付ける方法
前項の定めにかかわらず,次に掲げる場合には,当該情報の提供先は第三者に該当しないものとします。
当社が利用目的の達成に必要な範囲内において個人情報の取扱いの全部または一部を委託する場合
合併その他の事由による事業の承継に伴って個人情報が提供される場合
個人情報を特定の者との間で共同して利用する場合であって,その旨並びに共同して利用される個人情報の項目,共同して利用する者の範囲,利用する者の利用目的および当該個人情報の管理について責任を有する者の氏名または名称について,あらかじめ本人に通知し,または本人が容易に知り得る状態に置いた場合
第6条(個人情報の開示)
当社は,本人から個人情報の開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なくこれを開示します。ただし,開示することにより次のいずれかに該当する場合は,その全部または一部を開示しないこともあり,開示しない決定をした場合には,その旨を遅滞なく通知します。なお,個人情報の開示に際しては,1件あたり1,000円の手数料を申し受けます。
本人または第三者の生命,身体,財産その他の権利利益を害するおそれがある場合
当社の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼすおそれがある場合
その他法令に違反することとなる場合
前項の定めにかかわらず,履歴情報および特性情報などの個人情報以外の情報については,原則として開示いたしません。
第7条(個人情報の訂正および削除)
ユーザーは,当社の保有する自己の個人情報が誤った情報である場合には,当社が定める手続きにより,当社に対して個人情報の訂正,追加または削除(以下,「訂正等」といいます。)を請求することができます。
当社は,ユーザーから前項の請求を受けてその請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の訂正等を行うものとします。
当社は,前項の規定に基づき訂正等を行った場合,または訂正等を行わない旨の決定をしたときは遅滞なく,これをユーザーに通知します。
第8条(個人情報の利用停止等)
当社は,本人から,個人情報が,利用目的の範囲を超えて取り扱われているという理由,または不正の手段により取得されたものであるという理由により,その利用の停止または消去(以下,「利用停止等」といいます。)を求められた場合には,遅滞なく必要な調査を行います。
前項の調査結果に基づき,その請求に応じる必要があると判断した場合には,遅滞なく,当該個人情報の利用停止等を行います。
当社は,前項の規定に基づき利用停止等を行った場合,または利用停止等を行わない旨の決定をしたときは,遅滞なく,これをユーザーに通知します。
前2項にかかわらず,利用停止等に多額の費用を有する場合その他利用停止等を行うことが困難な場合であって,ユーザーの権利利益を保護するために必要なこれに代わるべき措置をとれる場合は,この代替策を講じるものとします。
第9条(プライバシーポリシーの変更)
本ポリシーの内容は,法令その他本ポリシーに別段の定めのある事項を除いて,ユーザーに通知することなく,変更することができるものとします。
当社が別途定める場合を除いて,変更後のプライバシーポリシーは,本ウェブサイトに掲載したときから効力を生じるものとします。
第10条(お問い合わせ窓口)
本ポリシーに関するお問い合わせは,下記の窓口までお願いいたします。
住所:東京都港区元麻布3-12-35
社名:株式会社グローバルネットワークホールディングス
about You プロデューサー 與儀陽介
Eメールアドレス:yogi@globalnetwork.holdings
余白(20px)