Business Menu

従事者全員の個性と志をお預かりします

産業を覆う閉塞感に矢を放ちます

ビジネスにおいてマネジメントとマーケティングは両輪の関係にあります。

マーケティングがカスタマー・クライエントの自己実現に舵替えを図ろうとするとき、マネジメントが未だ従事者の自己実現をゴミ扱いする段階に留まっているのは、お隣に後塵を拝するだけではなく、世界にも後塵を拝することに危機感以上の絶望があります。

Crisisページにおいても、事業を取り巻く危機を2点取り上げています。
1.従事者の大多数が能力や才能を発揮できない現状に不満を抱いていること。
2.国内の産業構造が閉塞感に覆われていること

Business Menuは、この現状に届ける一本の矢として起案し、マネジメントとマーケティングに一人ひとりの自己実現を結びつけようとすることを通して

産業構造を覆う閉塞感
の打破を狙います

売る仕組みにおける新しい価値基準とは

今まで私たちが伝えてきたメッセージは

顧客を満足させるベネフィット
選択されるべきブランドです。

私たちがこれから伝えるメッセージは、あなたを育てる機会を創ろうとする

オポチュニティ
Opportunity

オポチュニティとは顧客の可能性にかける声

低成長時代の中で物を売る仕組みの中で行われていることは、ターゲッティングです。

顧客ニーズの細分化とともに、経営資源をどう組み合わせるかオリジナリティが求められますが、ターゲッティングではマーケットを選択し、さらに顧客像を特定していきます。その際、適当に当てに行くことは許されなく、経営資源を投下する理由を裏付けるために集めたデータの集計・分析・抽出を経て特定する顧客像に伝えるメッセージを探します。

このとき、顧客に伝える2つのメッセージは、ブランドベネフィットです。

ブランドとは、こっちですよと誘うことであり、
ベネフィットは、お得ですよと囁くことですが、アプローチの際に

こっちのほうが、お得ですよ

というメッセージを熱心に伝えているのが、今のマーケティングです。

Business Menuでは、従事者に備わる自己実現を取りまとめることを試みますが、その際、しばしばゴミとして扱われている自己実現を鉱脈として編集することを試みます。

オポチュニティを届けようとするマーケティングは、今執り行っているマーケティングの射程範囲外に居る今のところ顧客でない方に試みるマーケティングです。

Step
1
アプローチ
今執り行われているマーケティングでは、ターゲッティングの後で選定した顧客層にアプローチを行いますが、オポチュニティマーケティングの場合、今のところ顧客でない方に広くアプローチを行うことから始まります。
Step
2
リソースのアレンジ
ブランドとベネフィットで構成されるメッセージやサービスの中身を、顧客が抱き、顧客に潜む可能性に語りかけるための文脈に組み直す必要が生じます。どう組み直すかは、後述する未来の顧客に掛ける声にあります。
Step
3
成果のシェア
オポチュニティを届けるマーケティングは、未来の顧客と結びつき、現在の市場を未来の市場へ押し拡げるために行います。
未来の市場は、単独で増やす顧客数にあるよりは関わろうとする課題やテーマに多くの顧客がいることから、未来の顧客が携わり関わる課題やテーマにあなたのビジネスの成果を共有することを狙います。
Step
4
仕組み化
今執り行われているマーケティングから、顧客の可能性に語りかけるマーケティングに推し進めるには、ニーズの充足・満足以上の人間設計から仕組みを整える必要が生じます。
難易度は高いやもしれませんが、自己実現に語りかけるマーケティングは、ビジネスの射程距離を大幅に伸ばすことが可能です。
故に、単発ではなく仕組み化まで検討することが、リソースのさらなる活性化を実現することに繋がります。
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

上記の手順で届けようとするオポチュニティは、人を育て、引き上げる機会の提案ですが、オポチュニティを届けようとするマーケティングでは、今のところ顧客でない方の可能性にこう語りかけます。

未来の顧客へ掛ける声

  • その想いに、私たちは共感賛同します。
  • あなたのプロセスに、私たちは参加します。
  • 是非、新しい未来一緒に創りましょう。
  • 将来、私たちの顧客共有しましょう。
  • ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

この声掛けは、それまで展開していた選定済みのマーケットを越えて伝えても構いません。

業務担当者の言い分は別として、マーケティングとマネジメントは不可分の関係です。未来の顧客にオポチュニティを届けようとするマーケティングを展開する際、従事者に備わる自己実現を育てるマネジメントをせざるを得ません。

一方は育て、一方をゴミに
するのは矛盾です。

Business Menu 4つの特徴

Business Menuを通して実現化することは2点あります。

顧客の自己実現に関わる
マーケティング4.0

従事者の自己実現に関わる
自己実現マネジメント

個人向けの場づくりから始めたabout Youが、あなたが携わるビジネスにお伺いするときは、一時の問題・課題解決を目指すコンサルティングではなく、あなたのビジネスの可能性を共に解き明かす働きかけとしてお届けします。その働きかけの特徴は主に4点あります。

この特徴は、about Youの場づくりと働きかけが大きくなるとともに変化すると考えていますので、今のところの特徴としてご検討ください。

1.
自己実現をフックに従事者の活性化と未来の顧客の育成を狙います。

従事者と未来の顧客に備わる自己実現を鉱脈に育てるメリットと、従事者に備わる自己実現をゴミのまま顧みないデメリットを整理してご提案します。

2.
ゴミを鉱脈として編集します。

Business Menuでは、従事者に備わる自己実現を取りまとめるとを試みますが、その際、しばしばゴミとして扱われる自己実現を鉱脈として編集することを試みます。

3.
組織の人数・規模や業界を問いません。

個人にも自己実現があるように、ビジネスにおける営みそのものにも、目指したい像があることから、about Youからの提案は特定の業界向けのものではありません。組織規模・対象人数についても、やり方の調整を行うことから不問と考えます。

4.
コンサルティングではありません。コーディネートです。

問題解決を目指すコンサルティングではなく、従事者や未来の顧客が抱く自己実現の実現化に組織・従事者自らが何を調達し、結びつけるかといったコーディネートを共に見つめます。

Q
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。
A
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

未来構想キャンペーン

about You Business Menuからこれらの方にお届けする場づくりと働きかけを伴う提案です。

■ビジネスにいるあらゆる従事者
■人間関係にはじまる課題に直面される方々
■事業をけん引される方

オフィスに居る方全員の
自己実現を預かります

従事者と顧客の自己実現にある鉱脈を見出すために、手元に集めます。

通常、組織対従事者・事業対顧客の関係で自己実現を取扱うビジネス上の理由・理由付けはありません。about Youは、自己実現の射程距離を大幅に延ばし、その実現化に挑むことから、組織の外側から個人としての従事者の方が抱く自己実現を解き明かすとともに、未来の顧客が持つ自己実現に結びつく理由を創出します。

自己実現を預かる道具 未来構想書

未来構想キャンペーンを展開するために用いる自己実現の可視化を試みる様式です。

本人が自身の過去や業績を説明するあらゆるプロフィールに代替することを提案するために、about Youが考案したもの。本様式は別途紹介ページを設けています。

一人ひとりが現状を打破しようと試みる挑戦・創造のデザインします。上図は、時系列における各様式の比較を配置したものであり、評価を行うためにまとめるものではないことを伝えるものです。

想いが形づけられる前と、表した後でデザインを使い分けます。

想いが原型のとき様式「Egg」を使い、それが一体何かを解き明かすことを試みます。その想いを解き明かした後、様式「Normal Design」に従事者のオリジナリティとして表します。あくまでも運用次第であり、どれを用いても自己実現の可視化を試みることには変わりません。

アイデアのデザインを使い分けます

ー Normal Design ー

「それは私を通すと、こう変わる」という物語を表わす様式です。

この物語の配置を試みた様式は、基本的には個人の自己実現をデザインしますが、グループやビジネスも未来を構想することもあり、作成は人に限定しません。

未来構想書は、一人ひとりが現状を打破しようと試みる挑戦と創造をデザインすることから提案として他者に持ち掛けるものとして用います。キャンペーン運営者は、仕上がり・出来上がりについての評価はしません。

評価をしない理由は、自己実現は最初から磨かれ、キレイに完成されたものではないからです。

ー Egg ー

アイデアと想いを実現化へつなげるベクトルで構成される様式です。

Eggは、一人ひとりのアイデア・想いを
①その想いを育てるには、何が必要か?
②その想いは、何を創造するのか?
という2つの方向から見つめることを伝える様式です。

一人ひとりが抱くアイデア・想いについて、6つのベクトルを通して見つめることから解き明かし、未来構想へデザインすることを試みます。

小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

個性と志を預かった後にすること

about Youからクライエントのマネジメント層に下記をご提示します。

集計
オフィスに居る全員の個性・志・自己実現を集計します。

分析
一人ひとりが組織・社会に抱く歯がゆさとテーマを分析します。

展開
自己実現マネジメントとマーケティング4.0の展開をアレンジします。

キャンペーン効果について

目的
■産業構造の下、組織内で抑制されている個人価値を解放すること。

効果
■挑戦の喚起による事業機会の創出、市場にある自己実現の顧客化です。
■解決案・代替案・救済案の展開による新たな社会課題市場開拓と、その先にある経営資源の活性化

経営資源をアレンジして、ごみを鉱脈に

組織や社会の中にある課題群の中にある自己実現を消費者ニーズとして捉え直します。
今ある経営資源をアレンジし能動的・積極的に実現化することを通して推進できる機会創出と顧客化を狙います。但し、その効果は投入量次第であることが本キャンペーンの弱点です。
これまでゴミのように雑に扱われてきた自己実現の鉱脈は新しい市場にこそあります。その市場はMarketページにリストされているテーマであり、従事者と顧客とともに見出し、関わる可能性を掴むこことが、Business Menuの最大効果です。

キャンペーンの進行

キャンペーンは、Stepを3つ設け、手づくりかつオープンに進行・推進します。

Step1では、オフィスに居る方の自己実現の可視化を試み、それらを集めます。Step2では、クライエントのビジネスとの結びつきを解き明かすべく、ニーズとマーケットを読み解き、編み出されるStep3以降の挑戦と創造の展開プランを中心にご提案します。Step3以降は、共創での展開としてabout You単独でのサービス提供は行いません。

組織内にある自己実現を大切に扱うプロセスを重視しながら、事業・活動や組織内事情を確認した上で、展開内容・スケジュールを設計します。途中で発生する可能性のあるケアについては、日程の範囲内にて都度施す方向で運営します。

準備
確認と設計
○窓口担当者、場所提供の有無、単位時間等の確認
○各種ヒアリング、組織情報取り寄せ
○to doと日程設計と設定
■期間1か月
Step
1
未来構想を集め預かる

○展開前には説明会開催か説明スライドを配布
○展開形式:1on1または、説明会形式等の選択式としたい。
○インストール型:社内ガイド役の任命 チェック&フォロー
■期間:人数による見積次第だが2か月程度

Step
2
集計・分析・提案

○中間・結果レポート提供 全体傾向の報告。個人特定は省略。
○レポート後、最終提案。作成はabout You単独or共創か選択可
■期間:期間中2回、提案回

Step
3
社内と社外への展開
○終了⇒Personal Menuのガイド
○継続⇒各種プロジェクトの組成、マーケティング4.0の展開
■期間:検討と設計次第
Step
1
見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。テキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキストテキスト...。

ミーティングについて

今後の提案・展開に際しての見積は、ヒアリングを通してお届けします。

about Youは、自己実現の市場化に挑んでおりますが、共に推進をお考えの方からのご連絡お待ち申し上げます。

なお、冒頭の項目にて産業を覆う閉塞感の打開に着手することに触れていますが、about Youが取り掛かりたい自己実現の市場化については、Marketページで展開しています。Business Menuは、あなたが属している事業・組織に留まらない市場づくりまで辿り着きたいと考えています。従事者と顧客との新しいかかわりを是非ご検討ください

◢◤ Business Menu問合せ ◢◤

Business Menuは、問合せ即導入・展開が可能な働きかけではありませんが、マネジメントとマーケティングについて、自己実現をフックにして見通しを明るくし、景色を変えたいとお考えの方は業界・職位問わず対象と考えております。未来構想キャンペーン以外にも、他Menu、カリキュラム、アイテムの活用から関わりたい方からの問合せをお待ちします。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。
余白(20px)